農林環境専門職大学短期大学部2年制生産科学科

農林業生産のプロフェッショナルであるとともに、農山村の地域社会を支えていくことができる人材を育てます。

農林業経営の
プロフェッショナルを養成

これからの農林業の現場で求められるのは、確かな生産技術や知識はもちろん、
農林業を取り巻く状況変化に対応できる能力を備えていること。
本学科では、新時代の農林業の現場を中心となって支えていく人材を養成します。

Point1

生産現場のリーダー
として農林業生産の
確かな知識と技術を養う

  • 生産物の品質向上や生産性向上を図るための専門的な知識・技術に加え、ICTなどの先端技術を生産現場へ導入する能力を身に付けます。
  • 学内での豊富な実習・演習や農林業経営体等での長期の臨地実務実習(インターンシップ)などを通じて、農林業生産の実践力を養います。

Point2

生産物の高付加価値化を
実現するための
創造力を養う

  • 生産物の加工・流通・販売や農山村の地域資源などに関する知識を活用し、生産物の付加価値向上を図ることができる創造力を養います。

Point3

コース制の教育課程で
専門的な技術と知識を
身につける

  • 1年次後半から「栽培コース」、「林業コース」、「畜産コース」に分かれて、各分野の専門的な知識・技術に関する科目を履修します。(各分野に関連・共通する科目については、1年次後半以降も共通で履修します。)
  • 栽培作目や畜種に応じた専門的な技術を身に付けるため、栽培コースでは「野菜」、「花き」、「茶」、「果樹」に、畜産コースでは「大家畜」と「中小家畜」に分かれて実習を行います。

Courseコース選択について

コース制の教育課程で専門的な技術と知識を身につける

コース選択について

Curriculumカリキュラム

本学部の学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)、教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)、カリキュラム内容についてご案内します。

カリキュラム

Message学科長メッセージ

理論と実践を結び付けることで、
求められる人材を育成。