Teacher教員紹介

准教授 (Takayuki Watanabe) 短期大学部

  • 主な授業科目

    家畜育種繁殖学、人工授精論、畜産経営演習(大家畜)

  • 学会等

    日本畜産学会、日本胚移植技術研究会、日本家畜臨床学会、肉用牛研究会

主な研究内容

牛の繁殖性を向上させるための技術が数多く開発されていますが、そもそも牛の状態が良くなければ受胎は成立しません。そこで、牛群の栄養状態を改善して繁殖性を向上させるために、代謝プロファイルテストとよばれる検査を行い、牛群の繁殖性を改善する技術の開発を行っています。

肉質や肉量が優れた黒毛和種を増産するためには、受精卵を活用した技術が有効です。このため、受精卵移植による受胎率向上や、受精卵の生産性を向上するための技術開発に取り組んでいます。